私が気に入っているくすりエクスプレスをご紹介します。

私はくすりエクスプレスと言うサイトで海外医薬品の個人輸入をしています。
沢山の商品を取り扱っているし、何より全て正規品となっています。
だからこの薬は偽物なのではないかと心配する必要もありません。
医薬品に対しては品質がすごく気になる私としては、品質が保証されているという事はとてもありがたい事です。

そのお陰で安心して服用する事ができるからです。
実は以前、私はなるべく医療費を抑える為に医薬品の個人輸入を始める時、ネットで調べていて一つ心配になる事が書かれているのを発見した事があります。
それは人気がある医薬品には偽物があるので、購入自体気を付けた方が良いという事です。
偽物の場合、ただ作っているメーカーが違うという事だけでなく、品質に関しても保証はされず、時には健康被害を起こしてしまう可能性があるという事でした。

しかしインターネット上で医薬品の輸入代行を行っている業者の中には品質検査をしている所も多く、私が利用している業者も品質チェックをしっかりと行っています。

サイトにも正規品100%と表記されているので安心して利用する事ができます。
やはり体内に取り入れる物なので、出来るだけ安全な物にしたいと私は思っているからです。
こうして明記してあれば、品質に関しての心配は不要なのですごく安心できます。
また、私が今注文している薬は、家族自身はその症状で私が悩んでいる事を知りません。
私自身はそれを家族に伝えるつもりは全くないし、出来るだけ知られないようにしています。
だから今の所ばれてはいないでしょう。

サイトで注文した薬は、自宅に届けて貰っていますが中身が分からなくなっています。
伝票にも薬品名とかが書かれていないので、家族は時々海外から荷物が届いているというくらいにしか思っていません。
中身が何なのか詮索される事もないので、多分何で悩んでるかは知らないはずです。
病院に行くとその様子をもしかしたら誰かに見られてしまう可能性もあるので、こうしてこっそりと必要な薬を手に入れたい時にも凄く便利だと思います。

中に入っている薬は、しっかりと梱包されていますがきれいな状態で届いています。

konpou

送料を必要としないのでまとめ買いをする必要もなく、本当に薬が必要になった時に注文すれば良いので楽です。
荷物が届くまでの時間だけ気を付ければ、普段使っている薬が切れてしまう事はまずありません。
今ネット上には沢山の海外医薬品の輸入代行を行っている業者がありますが、私としては今使っているサイトが一番かなと思っています。他の人の表場についてはこちらを参考にしてください⇒くすりエクスプレスの評判

利用者数も多く、実績もあるサイトだし、消費税とかを気にする必要もありません。
増税を見越してまとめ買いをする必要もないので、買いすぎて薬の使用期限が過ぎてしまう心配がないというのは凄く良いと思っています。

ポイント制度もあるので、私の場合はコツコツためています。
使用期限もないので、もう少しポイントがたまってきたら薬を買う時に使うつもりです。

どうしても禁煙したい人にチャンピックス

一度喫煙の習慣が身に付いてしまった人にとって、タバコをやめるというのは非常に難しいことです。
しかし、健康の問題からタバコをやめる必要性がある人や、子供が生まれたのを機にタバコを止めたいと考えている人もいるでしょう。
禁煙に自信がないという時や、何度か禁煙を試みて上手く行かなかったというならば、薬を使った禁煙方法に挑戦してみてはいかがでしょうか。
日本国内で承認されている経口禁煙補助薬にチャンピックスがあります。

これは主にニコン依存症になってしまった人に対する治療に用いられる内服薬となります。
禁煙を助ける薬としてはニコチンガムやニコチンパッチなどのような外用薬は存在しましたが、経口薬としてはこれが唯一の承認薬となります。
チャンピックスの有効成分はバレニクリンという物質です。
通常、喫煙によって体内に取り込まれたニコチンはニコチン受容体という体内組織と結合してドーパミンという脳内物質を放出します。
ドーパミンが増えると精神的に高揚して楽しい気分となるので、その結果としてタバコが止められなくなってしまうのです。
しかし、バレニクリンはニコチンよりもさらにニコチン受容体と結合しやすい性質を持つため、たばこを吸ってもニコチンがニコチン受容体と結合することができなくなり、満足感がなくなってしまうことで禁煙を促すという仕組みです。

具体的な禁煙方法についてですが、まずは禁煙開始予定日を定め、その一週間前から服用を始めます。
最初の3日間は0.5mg錠を1日1回、4日目から7日目までは1日2回服用します。
なお、この期間はあくまでも準備段階なので、我慢できなければタバコを吸い続けても構いません。
2週間目から本格的な治療に入ります。

これから12週間、1mg錠を1日2回飲み続けます。
この期間はたばこを一切吸えなくなるわけですが、我慢ができずに精神的にいらいらを感じる人もいます。
そのような場合にはガムを噛んだり、水分を摂取したりして、上手にストレスをコントロールすることが禁煙できるかどうかの分かれ目となります。
また、どうしても我慢しきれずにタバコを一本吸ってしまう人も中にはいますが、一本吸ってしまったからといって禁煙をやめてしまうのではなく、またすぐに禁煙することで最終的に禁煙を成功させることも可能です。

なお、チャンピックスには軽微ながら副作用が出ることがあります。
多くは吐き気や頭痛、便秘といった症状ですが、中には気分が落ち込んだり、強い不安を感じたりすることもありますので、そういった症状が見られたら医師に相談するようにしましょう。

さて、チャンピックスは承認薬なので日本国内でも購入することができますが、購入するためには医師の診察を受けて処方箋を出して貰う必要があります。
また、保険が適用されないことから全額を自己負担することになります。

このような理由から個人輸入を利用して海外から購入している人も多く見られます。
海外からの購入であれば医師の処方箋が必要ありませんし、国内よりも安い値段で購入することができるので経済的な負担も減らすことができます。
自分で個人輸入の手続きをするのが不安だという人はくすりエクスプレスのような個人輸入代行業者の利用をオススメします。。

チャンピックスで禁煙にチャレンジ

我が国においては、医療機関で処方される薬をはじめ、薬局やドラッグストアで売られている一般薬なども、すべて厚生労働省の厳しい審査をパスしてきた認可済みの薬です。
その症状に本当に有効であるか、品質に問題はないか、重篤な副作用を起こす心配がないかなどがチェックされ、臨床試験を繰り返してようやく認可が下りるのです。
だからこそ、私たちは安心して薬を飲むことができると言えるでしょう。
しかし、日本ではまだ認可が下りていない、または認可待ちの医薬品の中にも、自分が待ち望んだ効果を持つ医薬品が存在していることもあります。
もしくは、認可されているけれども一般薬ではなく、処方箋が必要だったり、保険適用外で高価だったりするかもしれません。
症状によっては、医療機関にかかるのが恥ずかしいとか、近くにその専門外来がない場合もあるでしょう。

そんな時には、個人輸入を視野に入れて考えてみると、選択肢の幅がぐんと広がります。
医薬品の個人輸入は、近年とても発達しており、簡単に利用することができるのです。
外国語ができなくても、代行サービスを行う業者はたくさんいるので、そのサービスを利用すれば、全て日本語でOKです。
更に、中身が分からないように梱包の仕方に工夫がされているなど、日本らしい細やかな心遣いをしてくれるサービスも、くすりエクスプレスをはじめ、多数の業者が行っています。
医療機関にかかりにくい症状のトップは、EDやAGAでしょう。

デリケートな問題ですので、行きにくいという気持ちは分かります。
また、どちらも保険適用外なので、薬代も比較的高価に感じるかもしれません。
このような場合も、個人輸入なら恥ずかしい思いもしなくて済みますし、薬代も安く済む可能性もあります。
ほかには、禁煙のための薬なども、多く個人輸入されています。
身体に悪いということもありますが、お子様が生まれることをきっかけにやめたいという人もいます。
禁煙外来を設ける医療機関も増えてきましたが、自分の行動範囲にないことも考えられます。
健康を害する恐れがあるタバコですから、やめたいと思いながらもズルズルと続けるよりは、いい薬を使って1日でも早く禁煙した方が良いでしょう。
ファイザー製薬が販売しているチャンピックスという最新の禁煙薬なら、ニコチン切れに苦しむことなく禁煙できるかもしれません。
チャンピックスに含まれている有効成分のバレニクリン酒石酸塩には、脳内のニコチンを受け入れる部分に入り込み、ドーパミンを放出させる効果があるので、ニコチンが入ってこなくてもイライラせずにすむのです。
更に、ニコチンの吸収を妨げるので、誘惑に負けてつい1本吸ってしまったとしても、おいしいと思えなくしてくれます。
チャンピックスは、2008年に日本でも認可されている薬ですが、医療機関の処方箋が必要です。
しかし、個人輸入なら処方箋は必要ありません。
服用の仕方などは、くすりエクスプレスのHPなどを見れば詳しく解説してあるので、参考にすると良いでしょう。

チャンピックスで正しく禁煙するには

 

毎年のように値上げされるタバコ代の高騰に、そろそろ禁煙しようかという方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、禁煙しようにも、それにかかる処方薬品代に何か月分かのタバコ代と同じくらいかかるのでは、ちょっと考えてしまうという方も多いことでしょう。
処方箋をもらうための診療費もばかになりません。
内科や耳鼻科で、処方薬が体に合うかどうか、いろいろな検査をしなければなりませんので、その分費用がかかるのです。

なので、診断なしに同じ薬が安価に手に入ったらと思う方も多いのではないでしょうか。
有名な禁煙治療薬といえば、ファイザー製薬のチャンピックスがあります。
TVCMでも俳優さんなどが出ているのでおなじみの方も多いことでしょう。
CMでも喫煙歴何十年という方が禁煙に成功したと強調されていました。

また、耳鼻科や内科などにいけば、これを紹介しているポスターを目にしたという方も多いのではないでしょうか。
この薬は正式名をバレニクリンといい、人がニコチンを摂取したときの受容体に、あたかもニコチンを摂取したかのような錯覚を与えて、ニコチンを摂取したいという欲求を軽減します。
言いかえれば、タバコを吸いたくなくさせるということです。
製薬会社のデータでも、処方された人のうち、約6割が禁煙に成功しており、通院治療を兼ねた人だと約8割が成功しているといわれています。

つまりは逆に言えば通院しなくとも6割が成功しているのです。
チャンピックスは、本国アメリカではチャンピックスという商品名で2006年に認可を受け、アメリカでは医師の診断がなくともファーマシーでも購入できます。
日本でも許認可を受け、2008年より医師の診断の下で処方されるようになりました。
さらにチャンピックススターターパックと題して、禁煙しはじめの方向けに、グラム数の異なった錠剤をセットにしたものを販売しています。
約3か月の服用期間で段階的にグラム数を変えるからで、その最初の1か月分に相当するのです。
また最近では並行輸入や個人輸入代行で、このスターターパックが手に入るようになりました。

日本で処方されるものと、成分もグラム数も全く同じですので、安心して服用できます。
くすりエクスプレスという個人輸入代行サービスを行っているところでは、安心して購入することが出来ます。
医師の診断なく飲んでもOKという無責任なことははいえませんが、実は製薬会社では専用サイトを開設しており、服用の仕方や、服用中の各種副作用の症例、それに飲み始めてから何週間目には体のどのような箇所の自覚症状をチェックしてから、その先の服用するか否かや、グラム数をどう変えるかなど事細かに紹介しています。

その内容は、処方薬局の薬剤師の説明以上の詳しさです。
つまりは、並行輸入してもこうしたサイトを参考にしながら服用すれば、人それぞれの体質により生じる副作用などのリスクもかなり回避できるのではないでしょうか。

禁煙しようと思ったらチャンピックス

一昔前まではタバコは色々な場所で目にする事が出来ました。
というのも、どんな場所でも喫煙する事が出来たのです。
今では考えられないかもしれませんが、オフィスの机や会議室には灰皿がおいてあり、喫煙しながら仕事や話し合いをしていた時代です。
また公共の場でいうなら、飛行機の中であったり、駅のホームであったり、電車の中であったり、またバスの座席の後ろなんかにも灰皿は設置されていました。
そんな時代が今となっては、どこもかしかも喫煙は禁止するという風潮です。
喫煙者というだけで社会から弾かれる様な扱いです。
狭い部屋で隣の人に肩がぶつからないように縮こまって喫煙していますよね。
それに更に追い討ちを掛けるように、タバコの価格はどんどん上昇しています。

もうこれ以上、タバコを吸っていく意味を考えると、止めてしまった方が賢明なのかもしれません。
ですが、そんなに簡単に止められないというのも事実です。
そういったときには薬に頼りましょう。

禁煙成功率でも高い数値を出しているチャンピックスという医薬品を紹介します。
こちらの医薬品ですが、ニコチン依存症を解消するような役目があります。
よくあるニコチンをガムや粉末、パッチ等で体内に吸収するタイプと同じような効き目なのですが、これらのものと大きく違うのがニコチンそのものを体内へ吸収しているのではなく、それと同効果のある成分を体内へ取り入れているという点になります。
ニコチンでないため、ニコチン依存症から抜けられるというわけなのです。

さらにはこのチャンピックスを使用していく際に、禁煙はしても良いのです。
吸いたいと思ったら我慢せずに喫煙してください。
ただ、そのうちにタバコがあまり美味しくなくなってきます。
美味しく感じなくなってきたら、もう治療としては結構進んだ状態です。
あとはタバコを吸いたくなくなるようになれば治療としては完了です。
ではこのチャンピックスはどこで手に入るかといいますと、禁煙外来で購入する事が可能となっています。

ただこの場合は医師の処方箋が必要であり、必要量しか購入する事が出来ません。
沢山の量を必要とする場合であれば、個人で利用するに限って、個人輸入をする事で手に入れる事が出来ます。
ただ個人輸入というのは色々と難しく、確実に希望の医薬品が安心して手に入れられない懸念もあります。
ですから輸入代行をしてくれる業者を利用する事をお勧めいたします。
こういった業者を利用すれば、まるで通信販売のような感覚で商品を講習する事が出来るのです。
とても便利ですし、事前に用意する資料等も不要です。

沢山ある代行業者の中から安心できそうな所を選択して利用するのが良いでしょう。
とくにおすすめなのがくすりエクスプレスで、送料が無料ということであったり、価格も安いのでお得です。
実際に利用した方の感想なども是非、参考にしてみて下さい。
タバコを止める事が出来れば良いことだらけですので、是非、挑戦してみて下さい。

煙草が不味くなれば禁煙できる!

日本人の喫煙率は年々下がってきているそうです。
やはり健康は第一ですからね。
しかし、禁煙したくてもなかなかできない人たちがまだ大勢いるのも事実です。
止めたくても止められないのは、ニコチン中毒になってしまっているからです。
一昔前の禁煙方法は、まず煙草の恐ろしさを知り、癌になるかもしれないという恐怖心を植え付けることから始めました。
煙草の煙を吸った人の真っ黒になった灰を写真で見せ、このままでいけば癌になるかもしれませんよと、恐怖心を受け付けるわけです。
たいていの場合、その恐怖から逃れようと必死になります。
これが禁煙の原動力につながっていくわけです。
その後の禁煙方法には、根性や意志力によって煙草を克服していくというパターンが多かったと思います。
意志力の強い人はこのような方法で禁煙を成功させましたが、それほど強い意志力を持ち合わせていない人は、すぐに挫折してしまいました。
しかし、最近の禁煙方法は様々な科学的な手法を使って取り組むことが多くなっています。
その中でもユニークなのはチャンピックスという薬を使った禁煙方法です。
あまり聞きなれない名前の薬ですが、このチャンピックスというのは、ニコチンの禁断症状を緩和することができる禁煙補助薬なのです。
ニコチンガムやニコチンパッドのように煙草以外からニコチンを体内に取り入れ、徐々にニコチンの量を減らしていくというニコチン置換療法に比べて、チャンピックスを使った禁煙は、ニコチンを一切取り入れないので、その分効果が早いというメリットがあります。
含有されている成分はバレニクリン酒石酸塩と呼ばれるものです。
これを体内に吸収することによって、脳内にあるニコチン受容体と呼ばれる部分に刺激が与えられます。
すると、少量のドーパミンが分泌され、ニコチンへの欲求が弱まります。
さらに、このバレニクリン酒石酸塩によって、煙草を吸ってもニコチンの吸収がブロックされ、煙草が不味く感じるようになるのです。
ここが従来の禁煙グッズにはなかったものです。
美味しいから煙草を吸うのであって、不味くなったら誰も吸いたいとは思わないでしょう。
チャンピックスはアメリカで2006年に承認され、日本国内でも2008年に承認されて安全性が確かめられています。
気になるのはお値段だと思いますが、海外医薬品の輸入サイトである、くすりエクスプレスでは、ひと箱25錠~28錠でおよそ9500円前後です。
1日分に換算すると、およそ40本のタバコをひと箱吸うのとほぼ同じお値段になります。
そう考えると決して高くはないですよね。
そして、ニコチン依存が徐々に消えていったらもう服用しなくても良くなります。
その代わりに、ご飯がおいしく感じられたり、体が軽く感じられたりなど、良い効果が生まれてくるので、禁煙が楽しくなってきます。
チャンピックスはもう絶対に煙草を吸わないと誓うのではなく、今日は吸わないようにしようくらいの気持ちでも大丈夫なので、意志力は弱いと思っている方にはオススメですよ。