チャンピックスで禁煙にチャレンジ

我が国においては、医療機関で処方される薬をはじめ、薬局やドラッグストアで売られている一般薬なども、すべて厚生労働省の厳しい審査をパスしてきた認可済みの薬です。
その症状に本当に有効であるか、品質に問題はないか、重篤な副作用を起こす心配がないかなどがチェックされ、臨床試験を繰り返してようやく認可が下りるのです。
だからこそ、私たちは安心して薬を飲むことができると言えるでしょう。
しかし、日本ではまだ認可が下りていない、または認可待ちの医薬品の中にも、自分が待ち望んだ効果を持つ医薬品が存在していることもあります。
もしくは、認可されているけれども一般薬ではなく、処方箋が必要だったり、保険適用外で高価だったりするかもしれません。
症状によっては、医療機関にかかるのが恥ずかしいとか、近くにその専門外来がない場合もあるでしょう。

そんな時には、個人輸入を視野に入れて考えてみると、選択肢の幅がぐんと広がります。
医薬品の個人輸入は、近年とても発達しており、簡単に利用することができるのです。
外国語ができなくても、代行サービスを行う業者はたくさんいるので、そのサービスを利用すれば、全て日本語でOKです。
更に、中身が分からないように梱包の仕方に工夫がされているなど、日本らしい細やかな心遣いをしてくれるサービスも、くすりエクスプレスをはじめ、多数の業者が行っています。
医療機関にかかりにくい症状のトップは、EDやAGAでしょう。

デリケートな問題ですので、行きにくいという気持ちは分かります。
また、どちらも保険適用外なので、薬代も比較的高価に感じるかもしれません。
このような場合も、個人輸入なら恥ずかしい思いもしなくて済みますし、薬代も安く済む可能性もあります。
ほかには、禁煙のための薬なども、多く個人輸入されています。
身体に悪いということもありますが、お子様が生まれることをきっかけにやめたいという人もいます。
禁煙外来を設ける医療機関も増えてきましたが、自分の行動範囲にないことも考えられます。
健康を害する恐れがあるタバコですから、やめたいと思いながらもズルズルと続けるよりは、いい薬を使って1日でも早く禁煙した方が良いでしょう。
ファイザー製薬が販売しているチャンピックスという最新の禁煙薬なら、ニコチン切れに苦しむことなく禁煙できるかもしれません。
チャンピックスに含まれている有効成分のバレニクリン酒石酸塩には、脳内のニコチンを受け入れる部分に入り込み、ドーパミンを放出させる効果があるので、ニコチンが入ってこなくてもイライラせずにすむのです。
更に、ニコチンの吸収を妨げるので、誘惑に負けてつい1本吸ってしまったとしても、おいしいと思えなくしてくれます。
チャンピックスは、2008年に日本でも認可されている薬ですが、医療機関の処方箋が必要です。
しかし、個人輸入なら処方箋は必要ありません。
服用の仕方などは、くすりエクスプレスのHPなどを見れば詳しく解説してあるので、参考にすると良いでしょう。

Comments are closed.