どうしても禁煙したい人にチャンピックス

一度喫煙の習慣が身に付いてしまった人にとって、タバコをやめるというのは非常に難しいことです。
しかし、健康の問題からタバコをやめる必要性がある人や、子供が生まれたのを機にタバコを止めたいと考えている人もいるでしょう。
禁煙に自信がないという時や、何度か禁煙を試みて上手く行かなかったというならば、薬を使った禁煙方法に挑戦してみてはいかがでしょうか。
日本国内で承認されている経口禁煙補助薬にチャンピックスがあります。

これは主にニコン依存症になってしまった人に対する治療に用いられる内服薬となります。
禁煙を助ける薬としてはニコチンガムやニコチンパッチなどのような外用薬は存在しましたが、経口薬としてはこれが唯一の承認薬となります。
チャンピックスの有効成分はバレニクリンという物質です。
通常、喫煙によって体内に取り込まれたニコチンはニコチン受容体という体内組織と結合してドーパミンという脳内物質を放出します。
ドーパミンが増えると精神的に高揚して楽しい気分となるので、その結果としてタバコが止められなくなってしまうのです。
しかし、バレニクリンはニコチンよりもさらにニコチン受容体と結合しやすい性質を持つため、たばこを吸ってもニコチンがニコチン受容体と結合することができなくなり、満足感がなくなってしまうことで禁煙を促すという仕組みです。

具体的な禁煙方法についてですが、まずは禁煙開始予定日を定め、その一週間前から服用を始めます。
最初の3日間は0.5mg錠を1日1回、4日目から7日目までは1日2回服用します。
なお、この期間はあくまでも準備段階なので、我慢できなければタバコを吸い続けても構いません。
2週間目から本格的な治療に入ります。

これから12週間、1mg錠を1日2回飲み続けます。
この期間はたばこを一切吸えなくなるわけですが、我慢ができずに精神的にいらいらを感じる人もいます。
そのような場合にはガムを噛んだり、水分を摂取したりして、上手にストレスをコントロールすることが禁煙できるかどうかの分かれ目となります。
また、どうしても我慢しきれずにタバコを一本吸ってしまう人も中にはいますが、一本吸ってしまったからといって禁煙をやめてしまうのではなく、またすぐに禁煙することで最終的に禁煙を成功させることも可能です。

なお、チャンピックスには軽微ながら副作用が出ることがあります。
多くは吐き気や頭痛、便秘といった症状ですが、中には気分が落ち込んだり、強い不安を感じたりすることもありますので、そういった症状が見られたら医師に相談するようにしましょう。

さて、チャンピックスは承認薬なので日本国内でも購入することができますが、購入するためには医師の診察を受けて処方箋を出して貰う必要があります。
また、保険が適用されないことから全額を自己負担することになります。

このような理由から個人輸入を利用して海外から購入している人も多く見られます。
海外からの購入であれば医師の処方箋が必要ありませんし、国内よりも安い値段で購入することができるので経済的な負担も減らすことができます。
自分で個人輸入の手続きをするのが不安だという人はくすりエクスプレスのような個人輸入代行業者の利用をオススメします。。

Comments are closed.